URAWA-MISONO.net

浦和美園・埼玉スタジアム・さいたま市 周辺で気になったモノ・コトをブログで書いています。

「自転車シェアリング」さいたま市内でのエリア拡大と、海外の導入事例とは?? @浦和美園


興味本位でやり始めたこのチャレンジですが、
今回で4回目を数える「自転車シェアリング」を利用してみました です。

f:id:aqua_feather:20171229211806j:plain


前回(3回目)、返却可能台数が「0」になって利用が出来ない状態とご報告し、今後の対応を想像するところで終わっていました。


<今後の想像できる対応として>

(1)自転車を移動してくれる。
   ⇒都内のように再配置して欲しい。

(2)自転車シェアリングの場所(セブンイレブン側)の設置位置変更
   ⇒利用者が1名しか居ないので、違うセブンイレブンに移動してしまう。

(3)このまま利用者頼みで変化なし。
   ⇒サービスとしていかがなもんでしょう??

(4)私自身が逆ルート(セブンイレブン⇒浦和美園駅)で利用する。
   ⇒かなりの確率で実施しそうな勢いです。

(5)私からサービス会社へ電話問い合わせして自転車の移動を申し出る。
   ⇒そうはしたくないけど、そうしないと改善しないかも・・・。
    申し出ても対応しないかも・・・。

               

 ここからが最新情報です。

<問題解決しました>
結論から言いますと、(1)自転車を移動してくれる だと思います。
※移動している瞬間を見ていないので・・・。

返却可能台数が「2」になり利用再開できるようになりました!!
11月27日(月)夕方から12月7日夜までの間、実に11日間で問題が解決しました。
正直、移動してくれないと思っていましたので、早期改善されました。

f:id:aqua_feather:20171229211842j:plain


<移動した自転車はどこへ>

2台はどこに移動したのか気になったので、追跡しました。
(1)A0156
 ※11月27日(月)に、「みそのモビリティポート」から借りた自転車。
 ⇒「みそのモビリティポート」(約1.3km)へ移動していました。
(2)A0390
 ※11月22日(水)サービス開始時から、「セブンイレブン 南部領店」にあった自転車。
 ⇒「セブンイレブン さいたま大和田2丁目店」(約6.5km)へ移動していました。


<なぜ、改善されたのかを考えてみる>
改善された理由として最有力な理由は、
セブンイレブンの「自転車シェアリング」サービス拡大したこと だと思います。

11月22日時点で、埼玉県内のセブンイレブンで自転車シェアリングを設置したのは、
9店舗」でしたが、12月7日時点では「17店舗」になっていました。

早くエリア拡大しているので、正直、驚いています。
これが「セブンイレブンの店舗数の多さ」という利点と、ソフトバンクの仕事に対する「スピード感」なんでしょうか。

やはり、自転車シェアリングは利用できるスポットが多くないと、利用しやすさが出ないんのだと実感しました。

f:id:aqua_feather:20171229211937j:plain

f:id:aqua_feather:20171229212014j:plain

[今回、特に集中的に増えたエリア]

・JR線「北浦和駅」周辺
・JR線「浦和駅」周辺

<チャイルドシート付自転車・発見>
1回目の写真でもうお気付きの方もいるかもしれませんが、「みそのモビリティポート」には「チャイルドシート付のシェア自転車」があります。

調べたところ、2台あります。管理番号は「A0145」「A0146」です。
いつも借りる時に充電中で借りることが出来ないという人気自転車です。
たぶん、日中に子育て中のママが利用しているのではないかと思っています。
凄く気になるので、一度はレンタルしてみたいと思っています。

f:id:aqua_feather:20171229212111j:plain


<中国の自転車シェリング事情は・・・?>

この自転車シェアリングで使っている自転車は「中国語」にも対応しています。
浦和美園エリアも東京オリンピック時に埼玉スタジアム2002を利用しますので、インバウンドを意識したサービスが出てきています。

また、3回目記事で、「はてブ」をいただきましたbyronko様の「コメント」にもありましたが、

byronko「北京のシェアバイクは、好きな所に置き放題です。歩行者が歩くスペースがなくなって、困りますが。苦笑  」

今、中国ではシェアバイクの導入を積極的に行なっているようです。
先日、会社の人が、仕事で上海にいきましたが、800mくらいある道路に自転車が無造作に置かれていて異様な光景だったようです。

個人的な見解ですが、車の排気ガスなどによる環境汚染が進んでいるので、シェアバイクをすることで環境配慮を考えているのではないでしょうか。

そう考えると、今回の日本の自転車シェアリングというサービスは、とても便利なものだということがわかります。
※3回目記事では、正直、運営側の対応に疑問符がつきましたが、11日で改善したので前言を撤回します。

 

<最後に>
今後も自転車シェアリングを利用していきたいと思います。
出来れば、浦和美園エリアでの拡大を切に願っています。


【過去の関連記事】
[ 1回目 ] 会員登録について

www.urawa-misono.net

[ 2回目 ] 予約・利用について

www.urawa-misono.net

 


[ 3回目 ] 返却台数「0」になり、問題発生。

www.urawa-misono.net