浦和美園・東川口 周辺の地域メディア・URAWA-MISONO.net(浦和美園ネット)

世界初!くわいガレット試食会|4/3(土)10時~ ピュアヴィレッジ なぐらの郷(東川口)にて開催

くわいガレット試食会

2021年4月3日(土)にピュアヴィレッジ なぐらの郷にて、現在、埼玉の伝統野菜「くわい」を使ったメニューを提供するカフェ「HITOMA」プロジェクトのメニューのひとつでもあるくわいを使ったガレットの試食会を開催することになりました。

生地に「くわい」を練りこんだカフェHITOMAでしか食べられないスペシャルガレット、ネット検索でも出て来ない世界初のくわいガレットは大人の方は勿論のこと、こどもも美味しく味わえる一品です。

カフェ「HITOMA」プロジェクトは、宅地開発が進み、平成の中頃まで「くわい」の生産量全国1位を誇っていましたが、現在は全国2位に落ち込み、埼玉県で減少傾向にある「くわい」を守りたいと、東川口にある設計事務所 株式会社LADとさいたま市見沼区の専業農家「見沼ひるま農園」(高橋氏)が中心となりプロジェクトを立ち上げ、”くわい”の栽培を体験し、くわいを使ったメニューを味わうことのできるカフェ「HITOMA」を東川口に作るプロジェクトです。

くわいガレット試食会 概要

日時2021年4月3日(土)10:00~
住所埼玉県川口市戸塚3-31-31
場所ピュアヴィレッジ なぐらの郷 直売所内
アクセスJR東日本・埼玉高速鉄道「東川口」駅 徒歩8分

 
日時:4月3日(土)10:00~
住所:埼玉県川口市戸塚3-31-31
場所:ピュアヴィレッジ なぐらの郷 直売所内
アクセス:JR東日本・埼玉高速鉄道「東川口」駅 徒歩8分

開催場所(ピュアヴィレッジ なぐらの郷)の地図


▼ アクセス
埼玉県川口市戸塚3-31-31
JR東日本・埼玉高速鉄道「東川口」駅 徒歩8分

埼玉伝統野菜「くわい」とは?

 
私も浦和美園に住むようになってから食べるようになった、埼玉の伝統野菜です。
芽が勢いよく出ていることから「めでたい」とされ、お正月料理や祝い事に欠かすことができない冬野菜。素揚げで食べるのがオススメ。

埼玉と「くわい」の関係は、古く江戸時代にさかのぼります。綾瀬川流域の湿田地帯で始まったとされ、埼玉スタジアム2002も昔は”くわい田”(くわいを育てている田んぼ)でした。

くわいガレットとは?


※この写真は、当日提供されるものとは異なります。

 
くわいガレットは地元(東川口)のパパ・ママなどに試食をしていただきながら、現在も美味しさの境地を求め開発を続けております。ほのかにくわい色に染まった生地は香ばしく、味わいは今まで全くない新しいものであり、ガレット、そしてくわいの歴史に新たな1ページを刻む出来になっています。

クラウドファンディングを活用し挑戦

くわい


この計画は、クラウドファンディングを活用しています。
まず、地域の方にこのような活動があることを知ってもらいたい。そして、カフェ「HITOMA」を地域に寄り添い、共に歩めるような活動拠点にしていきたいという思いからクラウドファンディングを利用しています。

そのため、このクラウドファンディングプロジェクトは、目標金額(300万円)に到達しなければ支援金を受け取ることができないAll or Nothing形式になっています。

▼ Cafe HITOMAプロジェクトの詳細は次のページをご覧ください
埼玉スタジアム2002も ”くわい田” だった!埼玉の伝統野菜「くわい」を活用した新たな拠点づくりを東川口で挑戦中

▼ クラウドファンディングの詳細はこちらをご覧ください
設計事務所とくわい農家 地産地活の拠点「HITOMA」を作りたい!(株式会社LAD)| クラウドファンディング READYFOR

 

Sponsored Links


 

試食会実施

くわいガレット試食会 関連情報

▼ 開催場所(ピュアビレッジ なぐらの郷)と関連性の高いページ
東川口のグルメスポット「ピュアヴィレッジ」食堂車両グランシャリオで食事が出来ます 

▼ プロジェクト企業
株式会社LAD|「子×食×住」東川口・設計事務所
見沼ひるま農園公式ホームページ