新見沼大橋有料道路|見沼田んぼ・東京スカイツリー・富士山を見ながら走る浦和美園の景観スポット

新見沼大橋有料道路

越谷と浦和を結ぶ国道463号線(通称:浦越線)は、国道4号線から国道17号線までを結ぶ埼玉南部の東西交通の要の道路です。そのため交通量も多く渋滞に悩まされてきました。渋滞を緩和される目的で作られたのが「新見沼大橋有料道路」です。

新見沼大橋有料道路は、全長1.4km(うち約1.1kmは新見沼大橋で構成されている)。自然景観の調和や生態系の保全に配慮し、見沼田んぼ(見沼代用水西縁と見沼代用水東縁に挟まれた土地)を高架橋で渡るようになっています。

新見沼大橋有料道路は、事業費約108億円をかけ、1996年11月28日に開通しました。新見沼大橋有料道路は埼玉県道路公社の管理と料金徴収が継続されていますが、2026年11月27日までの償還後にさいたま市に移管される予定です。
2003年に新浦和橋有料道路がさいたま市に移管された際、道路が無料なったことを踏まえ、新見沼大橋有料道路も事業費108億円を計上できれば、無料で通行できるようになる可能性があると考えられており、浦和美園から浦和方面への利便性が向上します。

新見沼大橋有料道路から東京スカイツリーや富士山を望むことが出来る

 
新見沼大橋有料道路からは、見沼田んぼの自然を感じることが出来るのはもちろんのこと、天気が良ければ、東京スカイツリーや富士山も望むことが出来ます。また東浦和の大間木公園で行われる「さいたま市花火大会」を見ることもできます。

さいたま国際マラソンのマラソンコースだった

 
2015年から2019年まで毎年行われていた「さいたま国際マラソン」。毎年毎年マラソンコースが少しずつ異なる国際マラソン大会でしたが、全4回ともこの新見沼大橋有料道路をランナーたちは走っています。

国際興業バスも通行しています

浦和美園駅西口バス停から出ている浦和駅東口行き(美1)のバスは、新見沼大橋有料道路を通行しています。

自転車は通行料20円


歩行者は無料です。ただし、自転車は通行料20円が必要ですので、通行の際は現金で20円をご用意ください。
※両替が出来ませんので、20円ちょうどの準備が必要です。

新見沼大橋有料道路 支払方法

現金、回数券、PASMO、Suica、WAON

新見沼大橋有料道路 料金

車種名料金
普通車¥150-
大型車Ⅰ¥270-
大型車Ⅱ¥590-
軽自動車等¥100-
軽車両等¥ 20-

車種名の大きさ等詳細は、埼玉県道路公社|車種区分 をご確認ください

新見沼大橋有料道路 回数券

埼玉県道路公社では新見沼大橋有料道路の回数券を販売しています。
浦和美園で購入するなら、イオン浦和美園の1階サービスカウンターで販売しています。

ウニクス浦和美園の2階(ダイソー横)でも定期的に埼玉県道路公社さんが回数券を販売しています。
※我が家も定期的に回数券を購入しています。

車種名料金10,000円券5,000円券2,000円券
普通車¥150-79枚
(1,850円お得)
38枚
(700円お得)
15枚
(250円お得)
大型車Ⅰ¥270-46枚
(2,420円お得)
22枚
(940円お得)
大型車Ⅱ¥590-20枚
(1,800円お得)
9枚
(310円お得)
軽自動車等¥100-119枚
(1,900円お得)
57枚
(700円お得)
22枚
(200円お得)

 

Sponsored Links


 

新見沼大橋有料道路の基本情報

名称 新見沼大橋有料道路
所在地 さいたま市緑区大字大崎~さいたま市緑区芝原3丁目
アクセス 埼玉高速鉄道「浦和美園」西口 車6分
開業日 1996年11月28日

新見沼大橋有料道路の地図

新見沼大橋有料道路の関連情報

▼ 公式WEB
埼玉県道路公社|新見沼大橋有料道路